岡山理科大学 工学部 建築学科


 

岡山理科大学工学部 建築学科の後藤研究室では、人と暮らしの視点で、誰もが快適に住み続けることができる住宅について研究しています。

住まいにおけるユニバーサルデザインや、障害がある人の住環境を建築人間工学的に追求し、住み心地の評価を行うためにダートフィッシュを活用いただいています。

 

 

新しい設計要件がわかるツール

映像分析システム「ダートフィッシュ」導入・活用事例(岡山理科大学 工学部 建築学科)

 
施設案内表示の点字板のデザインで活用しています。

点字をなぞる指がどのように動くのかが軌跡表示により空間的に把握することができるので、ユニバーサルデザイン作成において大いに活躍しています。

点字板のデザインはもちろんですが、案内表示を設置する高さの評価もダートフィッシュを用いて行うようになりました。

 

 センスが必要と言われていた建築のデザインを、視覚的に・理論的に設計できるためのツールとして用いています。

 

映像分析システム「ダートフィッシュ」導入・活用事例(岡山理科大学 工学部 建築学科)
ご相談・お問合せ
導入事例