超小型加速度ロガー「AccBeans」

超小型加速度ロガー「ACCBEANS」

 

AccBeans で使われているMEMES 加速度センサーは携帯電話の向きの検出や、PC のHDD の落下の検知、ゲーム機、振動モニター、傾斜計、歩数計など、すでに身近な機器で使われています。

AccBeans は人や物の動き、傾き、振動等の分析を行うために開発した、ワイマチックの第三世代の加速度ロガーです。超小型化に成功し、わずか17x30 x10mmのサイズに加速度センサー、フラッシュメモリー、RTC、CPU, 電池が搭載され、重さはわずか4gですので、測定対象物に影響を及ぼさずに振動の測定ができます。

動きや振動、傾斜等、X,Y,Z 軸の加速度を可視化します。操作は簡単で、PC とUSB ケーブルで接続し、各種設定を行い、あとはケーブルを外して該当物に取り付けるだけで加速度を記録できます。

※AccBeansはテクノサイエンス株式会社との共同開発製品です。

 

AccBeans(超小型加速度ロガー)の主な用途

  • 歩行分析
  • 落下試験のデータ収集
  • 輸送中のショック記録
  • 回転機器の動きの計測
  • 傾斜計
  • 機器の振動解析
  • 人体の各部の動きの分析
  • モータースポーツでのブレーキ、コーナリング等の加速度の記録 など

 

カタログをダウンロード

 

超小型加速度ロガー「ACCBEANS」

クラウドによるAccBeans専用データベース

AccBeansで計測され出力されたCSVファイルを読み込み、クラウドの専用データベースへ保存し、各種分析を行います。

計測値のグラフ化や、XY・YZ・ZX軸のリサージュ波形、合成加速度、周波数解析(FFT)を行い、結果はCSVで出力が可能です。

クラウドなので、ソフトのインストールは一切必要ありません!

インターネット環境があれば、いつでも・どこからでもWebにアクセスすることでデータの閲覧が可能です。

スマートフォン・タブレットにも対応!

外出先からでも、移動中でもデータの確認・閲覧が可能です
 

データベースの詳細はこちら

 

超小型加速度ロガー「AccBeans」分析データベース

AccBeansスペック表

機種 AccBeans
通信方式 USB
測定データ 3軸加速度 直行X,Y,Z 3軸 16bit
加速度センサー STマイクロ LIS331LDH
測定範囲 X,Y,Zとも±2G ±4G ±8G
メモリー 64Kバイト 8バイト/データ 合計8,064データ
記録項目 X,Y,Z軸
内部時計 周波数偏差 0.000005±23△f/t
測定周波数 10ms/100Hzより
測定モード ロガー記録、リアルタイム記録
ソフトウェア 専用ソフト、センサーコントロール、データCSV保存等
電源 CR1220、CR1225
寸法 幅17mm×長さ30mm×厚み10mm(ケース寸法)
重量 4g

 

ご相談・お問合せ
お問合せ電話番号